読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか晴れる🐤

140文字では書けないことを

息子の熱、夜泣き。私の話。

息子 産前産後

息子の夜泣きが激しかった、6ヶ月前後の話。

実家を出て働きながら息子と2人で生活をしていたから、当たり前だけれど憔悴しきっていた。

連日30分と連続で眠れず、1日の睡眠時間は合計で2時間やそこら。仰け反って大泣きする息子を抱っこして、いつ泣き止むのか、なんで泣くのかと苛立ち、頭を過る虐待する自分の姿と通報。

 

大変なんです~とどうにか笑いながら話すと「そんなものよ」「そのうち落ち着くよ」と返ってくる。

みんなそんなもの、なんだろう。みんな乗り越えてきた道なんだろう。極々当たり前の悩みで、苦しさなんだろう。時期的なもので、長くは続かないものなんだろう。

それでも、そんな言葉よりもどこかに繋いで欲しかった。プロに助けて欲しかった。

電話帳に入っている保健師さんや育児相談に電話をかける力もなくて、保育園では「大丈夫?」と声をかけられても答えられず、親には病院に行きなと言われるだけで、自分で動く力がなかった。

保育園から連絡がいったのか、保健師さんから何度か連絡が来ていたけれど平日の日中働いていたから会える機会もなく。社長に早退や遅刻を願い出る元気も、なかった。

だから、どうにか必死に毎日をこなしていたのだけど、会社や保育園で突然大泣きしだしたり、着替えが出来ないとかご飯が作れないとか生活に支障が出始め、全く動けなくなって病院送りになった。

病院では、授乳を続けたかったこともありカウンセリングのみ。息子を実家でも保育園でも預けられるところに預けて、とにかく寝なさい、寝たらお腹がすくようになるから、そしたら食べなさい、というようなことを言われて終わった気がする。その次のカウンセリングで驚異的回復を見せて(笑)通院は2回で終わった。正確には3回目をキャンセルした。その頃には元気だったから。

 

 

ここ3日、息子が夜になると熱が上がってグズグズするというのを繰り返している。

一晩中抱っこしてる勢いだけれど、映画を観たり、本を読んだり、諦めて布団で泣かせといたり。泣き声に滅入りそうになればイヤホンで音楽を聴いてシャットアウトしたり、私は1年前に比べてそれなりに強くなった。

「勘」も強くなっているのか、今は泣かせといても平気かな、とか。ちょっといつもと違うな、とか。経験を元にした判断も出来るようになっている。

それでも日中は寝不足もあって余裕はなくなるし、欠勤が続いていて頭を抱えてしまうけれど。来月、首吊ってるかもなんてわりと本気で思ったりもするけれど。

 

確かに、6ヶ月前後の頃に耳にタコができるほど言われたように誰に聞いて「そんなもの」だったし夜泣きは「そのうち落ち着いた」。

でも、そんなことは過ぎてみなければ分からない。無事に終わって乗り越えられた人の言葉。乗り越えられなかった人たちの言葉は聞けないわけで。

 妊産婦の自殺件数に衝撃…“本能が招く”産後うつの実態:イザ!

調べてみると、妊産婦の死因1位は自殺だと出てくる。出産時の出血等による死亡者数の2倍だそう。

 

私は、運良く乗り越えた。

あの時に病院に行ったから死ななかったのか、行かなくても乗り越えていたのか分からないけれど。

運良く虐待せずに生活できている。

明日は我が身。虐待する親が特別なんじゃない。虐待しない親が普通じゃない。一歩間違えたら、私もそうなってしまう可能性は十分にある。

繋がりが薄い中で生活しているから、自分の変化にも敏感でいなければいけない。

危ないと思ったときには判断が遅れる前に助けを求めなきゃいけない。息子のために。

 

 

良品週間

2017年1回目、良品週間始まったよー!

良品週間直前に大型ものを新調していたから今回は見送る予定だったんだけど…近くに行ったから寄ってしまった(笑)

 

f:id:qggm:20170320173811j:image

・ 布巾 カラー

・ 息子用 長袖コットンTシャツ 3枚

・ ラバーサンダル

 

布巾は12枚セットで500円 (良品週間で450円)

赤青は台拭きと食器拭き

白は息子のおしぼり

という風に分けて使っていて、汚れが落ちなくなったらウエスに回しているから良品週間では毎回買ってる。

まとめ買いしようかなとも思うんだけど、場所とるしなー…と結局1セットずつ。

 

息子用 コットンTシャツ 各800円 (720円)

園用に。伸びが良くて安いからずっと西松屋だったんだけど、すぐに毛玉というのか毛羽立ちが出来るのが嫌で。前よりも着替えの協力動作もあるし、そこまで伸びを重視しなくても良いから最近は無印のコットンTシャツをヘビロテしてる。

半袖は600円という安さなのも嬉しい。でも半袖は次回に見送り。

 

ラバーサンダル 1420円 (1278円)

XSで少し大きめ。サイズがあってよかった。

ゴミだしとかスーパー、公園とかちょっとそこまで行くのにパッと履ける安いサンダルを探していたから丁度よかった。

 

 

私の服とか寝具カバー、細々したもの、食品とか買いたかったけれど、次回。あとは次回にするんだ…。今回はもう行かない(;o;)

夏前にまた良品週間があればいいなあ…。

広告を非表示にする

B1グランプリ in 富士 (吉原商店街編)

食べたよーヽ(゚∀゚)ノ♡

ぶっちゃけ、あんまり乗り気ではなかったんだけど(の、わりに前売りチケットはしっかり買っていました(笑))

 

初日の今日は、吉原商店街周辺をプラプラしました。着ぐるみと写真撮ったり、のーんびりと。

明日は、商店街で祇園祭とのコラボ?とのことで賑わいそうなので中央公園に行こうかなと思っています。

一先ず、今日食べたB級グルメのメモを。商店街グルメもいくつか食べたり飲んだりしたけれど、それは番外編で更新する予定です!

 

三重県 津市】 津餃子小学校 ★★★★★

f:id:qggm:20170211210444j:image

面白いお兄さん達の居る、津餃子からスタート。

これがめっちゃくちゃ美味しい。肉汁ジュワーで、すんごい美味しい。初日で2コ食べた。超美味しい。我が浜松餃子もひれ伏す旨さ。

 

【静岡県富士市】つけナポ ★★★☆☆
f:id:qggm:20170211211329j:image

これは完全に津餃子が悪い。あのクオリティの旨さの次に食べてしまったのが悪い。

給食に出てきそうな、懐かしさのあるつけナポ。まあ私は初めて食べたよ。

喫茶店で食べたらまた違うのかな。ソファリのつけナポが気になっている。今度行こっと。

ソファリ(sofarii) - Google 検索

 

岐阜県美濃市】奥美濃カレー★★★☆☆
f:id:qggm:20170211212514j:image

お腹がすいて、がっつり系が食べたくて選んだ。肉巻きおにぎりに、カレーがかかってる感じ。ご飯は味付け?混ぜご飯?だったけど、バカ舌だから何か分からず(笑)

 

300円~500円で食べられるんだけど、満足度は圧倒的に津餃子。また明日も食べる。締めは津餃子に決めてる。(推しすぎw)

 

残ってるチケット使いきらなきゃ!

まだ2年前なんだよね。

妊娠中に暮らしていた家は、目の前が大きな田んぼでそれはそれは虫がたくさんいた。

(※私はとてつもなく虫が嫌い)

 

私は一人寂しい妊婦生活を送っていたので、お腹が大きくなってからは窓際にベッドをつけてラジオを流しながら本を読むだけの毎日を送ってた。

1階だったから景色を遮るものもなくて目の前に大きい田んぼと、幸せそうな家族が駐車場で遊んでる姿、車通りの少ない道、かなり遠くまで見渡すことができた。

土とアスファルトの匂い、雨の匂い。カエルの鳴き声、アヒルの喧嘩、訪問販売のおじさんの小言。子供の笑い声。ラジオから流れてくる音楽。

鮮明に思い出せる。青い空も、冷たい空気も。

なんにもしてなくて寂しかったけど、1日1日の生活としてはとっても穏やかだった。考えると不安でたまらなくなることは、昼間ボーッと本を読んでる間は忘れられてた。

 

最近、土の匂いも雨の匂いも、感じることはなかった。あっという間に良い季節は過ぎていて、暑くてたまらない夏と、寒くて震えてる冬の記憶ばかり。

今の家の周りには飲み屋ばかりで、田んぼもなくてカエルの鳴き声も聞こえない。虫はそんなにいないけれど、静かな時間帯はない。夜には酔っぱらいの音痴な歌が聞こえてくる。

 

今日、息子の病院帰り。

寝てしまった息子を抱っこして、少しのんびり散歩した。私の行きたいところに、私のペースで。

晴れてるのに雨が降ったり、雲の流れがものすごく早かったり、私の好きな天気だった。

田んぼを求めて歩いていたら、雨上がりの土の懐かしい匂いがしてきた。切なくて、苦しくなった。

 

妊娠中に読んでいた本は、今は読みたくない。聴いていた音楽は、耳を塞ぎたくなる。住んでいた家の近くには、出来るだけ近寄りたくない。

でも、あのときに私が感じた癒されていた いろんな匂い、風の冷たさ、空の高さ、静かな街、ゆっくり過ぎていく時間は息子に教えてあげたい。

騒々しい、今の家ではなくて、もっと素敵な時間の流れる場所があること。

そんな場所で、あなたをお腹に宿して暮らしていたんだよ、といつか伝えられたらいいなと、私の胸の中でぐっすり眠る息子を見て思った。

 

f:id:qggm:20170131015439j:image

もうきっと、息子の目には素敵なものがたくさん映ってると思うけどね。

大好きな人の元へ押し掛けました

17日19時、恋人の元へ飛び立つと決める。

 

息子に許可をとる。

「ママ、かあかのとこ行ってきていい?

    ばあばんちにお泊まりできる?」

『うん』

 

母に許可をとる。

「行かなければいけないところがある。

    一晩預かってもらえないか。」

『わかりました』

 

恋人に連絡する。

「あした、行くね!」

『はっ?』

 

18日、仕事が終わって、自転車飛ばして家に帰り、身支度して、タクシーに飛び乗り、新幹線に乗って、恋人の元へ行った。

 

乗り換えの東京駅で、恋人が待っていてくれて、予定より早く会うことができた。

 

一晩と少し、一緒に過ごした。

楽しくて楽しくて、本当に幸せな時間。

 


f:id:qggm:20170119154130j:image

今は、帰りの新幹線の中。

ひかりは速いね。あっという間に地元。

 

今日からまた少しの間、離ればなれになるけれど。

私も恋人も仕事の環境が変わって

きっとすごくすごく大変になるけれど。

大丈夫、がんばれる。

ありがとう、だいすき