いつか晴れる🐤

140文字では書けないことを

息子が料理を手伝う話

急速に言葉数が増えている息子。

 

「ママ かいもの するのー!」

「りょうり する」

「ケーキ ちょうだい 」

「ママ いっしょ たべよ 」

 

あぁぁぁぁ。かわいい。かわいすぎる。

自我が芽生えてきて『自分でやりたい やってるところを見ていてほしい そして誉められたい』という欲求には出来るだけ答えたいと思っている。なかなか、難しいことも多いのだけど。

 

最近ではよく「りょうり する」と言うので、ホットケーキを一緒に作ったり、卵を混ぜたり、キュウリを揉んだり、ジャムをぬったり危なくなくて一緒に出来るようなものを手伝ってもらっている。

一緒にやっていると、すごく得意げで、とってもかわいい。「ママ!すごいねえ!これ、おいしーよー!」って笑うのだ。世界で一番、かわいいと思う。

ホットケーキをひっくり返した時の顔、塩揉みしたキュウリの味見をして笑った顔。

私が料理が得意ではないから、ありきたりの、簡単なものしか作れないし、息子にもさせてあげられないのだけど、こんなに喜んでくれることがとっても嬉しい。

 

 

私は息子との一緒の時間は、とてつもなく短いと思う。一緒に遊ぶのも下手くそだと思う。

息子なりに、きっと私が笑って一緒に「何か」をしてくれるものをずっと探していたんだと思う。絵本、トミカプラレール、ブロック…。よく私に「あーぼーぼっ!(遊ぼ)」って持ってきていた。それに対して私は、1人で遊んでてーって言葉をかけて他のことをやっていたんだよね。寂しかっただろうな。何度も何度も、シュンとした息子の顔を見た。でも構ってられないぐらい時間に追われていることも多かったんだ。

そしたら『ある日突然、ママが一緒にホットケーキを作ろうと言い出して、ママがずっと僕の隣について一緒にやってくれた。しかもママは怒らなくて、ニコニコしていて、僕も楽しかった。ぐるぐるしたら誉めてくれて、一緒に隣に座って、僕がぐるぐるしたホットケーキ食べた。美味しかった。』って学習したんだろうなあ。

ここ数ヵ月、忙しさのあまり息子1人でごはんを食べさせて、その間私は家事や勉強をしていることが多かったから。

 

時間には限りがあって、その限られた時間では間に合わないから、どうしても息子との時間が少なくなってしまう。息子との時間も、限られたものなのに。目の前の山のようなやらなければいけないことを優先せざるを得ない今の状況は良くないと分かってる。 

でも、どうにもできないなら、こうしてやらなければいけないことの一部を、息子とやればいいのだ。少しずつ、でも。

 

どんどん成長している。

数日前に出来なかったことが出来るようになっている。

私の真似をする。

 

だったら戦力になってもらおう。

唯一のパートナーなんだから、息子と一緒に、やらなければいけないことをこなせば良いのだ。

 

さて、明日は何を作ろうかな!

たくさんの『足』の話

私は出来の悪い母親だから、とにかく息子にはたくさんの『足』を作ってあげたいと思っている。

 

この世は例えどんな人間でもどこかしらには居場所がある。狭い狭い世界で生きてしまうと、今いる場所が地獄に感じた瞬間にこの世の全てが地獄になってしまうから、そうならないように。1つの足が折れても、崩れないように。立ってられるように。

 

それともう1つの理由として、息子の精神的な揺れや何らかのサインを早い段階で気づくために定期的に息子と関わってくれる大人の目を増やしたいということもある。もし何かあったときに早く気づくことができる、その私の安心感のため。

 

 

きっと今の息子にとって楽しい場所というのは “家庭” “祖父母宅” “保育園” だと思う。

今はまだ息子自ら心地よい居場所を新規開拓でる年ではないから、年少さんになる前にあと3つぐらいの「知ってる人の居る楽しい場所」を作ってあげたいと思って情報収集をしている。

 

そのうちの1つ『baby kumon』

 Baby Kumon(ベビークモン) | 公文教育研究会

私が子供の頃は、子どもチャレンジと学研だった。公文は未経験。

0.1.2歳児向けのbaby kumonは、教材を使って本を読んだりDVDを見たりと、月に1度の先生とのマンツーマンでの面談(次の教材の話など)

babykumon(2種類?あるらしい)、3歳児以降からの公文、公文はまだ早い子向けのプレ等 充実しているみたいで、私には時間的 金銭的な負担もそんなにないのが良いなと思って体験を申し込んだ。

『くもん 始めよう!』となった一番の決め手は面談に行った時に、息子がいろんな教材を使って集中して真剣に遊んでいたのが印象的だったから。

私では選らばないような知育玩具、保育園では望めない密度の濃い一対一でのコミュニケーション、とても良い刺激になると思った。

 

私は早くから勉強させて頭のよい子に育てたいなんて微塵も思っていない。人並みに出来れば十二分だし、人より出来なくてもやりたいことがあるならそれを頑張れば良いと思う。やりたいこともないなら、楽しいと思える、笑顔になれることをすれば良いと思う。

 

ただ息子は何が楽しいと思うのか、何に惹かれるのか、どんな素質があるのか、私が接しているだけでは分からないから、私の負担が少なく、息子にやらせてあげられるものはどんどんやらせてあげようと思っている。

 

因みに、体が強くなると聞いてスイミングも気になっていたんだけど、どこも月謝がわりと高い、週1回~という頻度の多さ、親も水着になる(水着なんて着れないw)という、ハードルの高さから却下されたのだ。

動きたい盛りの息子に、なにか体を動かせるものも探しているんだけど、本格的な習い事は今は求めていないし、遊びながら楽しくできるような頃よいものがなくて悩んでいる。

 

 

~~~~

 

人はたぶん「出来る・知ってる」 が多いほど生きやすいと思う。「知らない」は、怖くて不安。

だから小さいうちから出来るだけ「知ってる」を増やしてあげたい。出来なくても、知ってるだけで違うと思うんだ。

狭い狭い小中学校という世界で苦しくならないために、そのあとの大きく広がる世界でいろんな「太い足」で立ってられるように。

 

アンパンマンミュージアム

8月、夏休み&お盆真っ只中に行ってきた。


f:id:qggm:20170814233729j:image

息子は大興奮かと思いきや、消化不良気味(笑)

あっちにも、こっちにもアンパンマンがいることに呆然としていた。

 


f:id:qggm:20170814233926j:image

聞いていた通り、あっちこっちに写真スポットがあって、入り口2ヶ所ではスタッフが写真を撮ってくれる。

モール入り口では一眼レフでも撮ってくれて(1200円とられるが)綺麗に印刷してくれる。

(まんまと営業に乗せられかわいい写真を購入した。)

 

【モール前の広場】
f:id:qggm:20170814234534j:image

【ミュージアム 3F】
f:id:qggm:20170814235112j:image

【ミュージアム 2F】
f:id:qggm:20170814235126j:image

息子の食い付きは3階が一番良かったかな?

2階は大人が興奮。アンパンマンの絵や原画、とっても可愛かった。

 

私たちが居た三時間ちょっとで、コキンちゃん、メロンパンナクリームパンダが会いに来てくれた。
f:id:qggm:20170815000014j:image

コキンちゃんとはぎゅーっとバグして、楽しそうだった。メロンパンナクリームパンダは「怖い~(´;ω;`)」って逃げてきたな。人も多かったんだけど。

 

1日に数回ショッピングモール前の広場でのイベントがある。

今回は、扇なんとか…。盆踊りだった。
f:id:qggm:20170815000505j:image
f:id:qggm:20170815000212j:image
f:id:qggm:20170815000736j:image

直前グズグズしていた息子も見入っていた。

でもちょっと待ち時間がしんどいね。

大太鼓がドンドン鳴っていて苦手な私は涙目だったけど、息子は大興奮だった。

 

モール内はそこまで広くないけれど、食べ物飲み物、おみやげ、子供グッズ‥充実していてモールだけでも十分な印象。ミュージアムが大人1500円、1才以上1000円という、わりとお高めな値段だから尚更。

ディズニーよりも小さなサイズのアンパンマンケースに入ったポップコーンとか、アンパンマンの形のパン屋さん、ヘアサロン、本屋さん など。

 

今回は新幹線とホテルの時間を考えて、午後からの入場だった。

お盆シーズンで熱中症の危険もあるとのことで開演時間になるとアンパンマンたちがお出迎えしてくれるイベントは中止になっていたし、息子の年齢的にいろんなイベントに参加するよりもその場の雰囲気を楽しめれば良いかな~という気持ちだったから、結果的に午後からでも十分楽しめた。

 

名古屋、神戸、仙台あたりなら頑張れば行けるかな…?息子がアンパンマンに興味あるうちに他のアンパンマンミュージアムにも行ってみたい。次は平日に!!w

たのしかったーっ!